事業内容

TOP > 事業内容 > オプション検査 > 子宮がん検診のご案内

子宮がん検診のご案内

イラスト〜子宮がんは女性なら誰にでも起こりうる病気で、

近年は20〜30歳代の若年層に急増しています。

検診を受けることで早期発見でき、ほぼ100%治癒します。〜


子宮がん検診

問診と子宮頚部の細胞診、内診を行います。
細胞診は子宮頚部の表面から細胞を擦り取り、その細胞を顕微鏡で調べる検査です。
※下記のオプション検査(経膣超音波検査・HPV(ヒトパピローマウイルス)検査)を追加することでより多くのことがわかります。

経膣超音波検査

超音波で子宮やその周囲を調べる検査です。
※膣腔の狭小などで実施できない場合があります。

  • ・探触子を膣内に挿入して検査します。超音波(エコー)により子宮の形態、内腔など子宮周囲の状態をモニターに映して、医師の内診ではわかりにくい所見をみることができます。
  • ・当協会の子宮がん検診は、子宮頚がんの検査ですが、経膣超音波検査を追加することにより、子宮体部や卵巣の状態もみることができます。

模式図
模式図

超音波画像
超音波画像


HPV(ヒトパピローマウイルス)検査

子宮頚がんの原因ウイルスの有無を調べる検査です。
子宮がん検診で採取した細胞で検査しますので細胞の採取は1回で済みます。
※検体の条件により、まれに判定困難となる場合があります。

  • ・子宮頚がんの原因ウイルスです
    子宮頚がんから高率にHPVが検出され、HPVが子宮頚がんの原因ウイルスであることが近年明らかになりました。
  • ・誰にでも感染します
    HPVは性行為によって感染するごくありふれたウイルスです。過去に一度でも性交の経験があれば誰もが感染する可能性があります。
  • ・持続感染が子宮頚がんの発症につながります
    HPVに感染しても全員が子宮頚がんになるわけではありません。多くの方は免疫力によりウイルスは消えますが、一部は消えずに持続感染し数年後に子宮頚がんを発症することがあります。
  • ・子宮頚がん発症の危険性を予測します
    HPVには100種類以上の型がありますが、子宮頚がん発症を誘発するリスクの高い型を調べることで、子宮頚がんの発症の危険性を予測することができます。

検診料金

※消費税別の料金です
  1. 子宮がん検診(問診・内診・細胞診) … 3,000円
  2. 子宮がん検診+経膣超音波検査 … 6,000円
  3. 子宮がん検診+HPV検査 … 7,500円
  4. 子宮がん検診+経膣超音波検査+HPV検査
    … 9,000円

結果について

検診結果は後日、ご本人のみにご報告いたします。
なお、再検査や精密検査が必要な場合は当協会より医療機関受診の際に持参していただく依頼書を発行します。

イラスト


あなた自身の健康を守るために
二十歳を過ぎたら定期的に子宮がん検診を受診しましょう!!

前のページへ戻る
ページのトップへ戻る