事業内容

TOP > 事業内容 > 特殊健康診断

7.特殊健康診断

(有害な業務に従事する労働者に対して行う)

当協会では、当日の健診をスムーズに行うために特殊健診の業務歴等の情報を事前に取得させていただいています。

化学物質のリスクアセスメントの実施が義務化されました。 ※施行日 平成28年6月1日施行

じん肺健診

健診
種別
健診対象業務 検査内容 健診時期等、備考



粉じん作業 作業歴・既往歴及び業務歴の調査 就業時、離職時、
3年以内毎
自覚症状・他覚所見の有無の検査
胸部エックス線直接撮影



肺機能検査
(スパイロメータ)
管理区分2 1年以内毎(粉じん作業)
3年以内毎(常時非粉じん作業)
管理区分3 1年以内毎

※じん肺健診において上記の他に、じん肺管理区分が管理2または管理3の方は「胸部マルチスライスCT検査」と「喀痰細胞診」を行う必要があります。

有機溶剤健診

健診
種別
健診対象業務 検査内容 健診時期等、備考



有機溶剤を取り扱う作業またはそのガス、蒸気を発散する屋内作業場等における業務 基本健診(全溶剤) 業務歴・健康障害及び自他覚症状の既往歴の調査、尿蛋白検査 雇入時、配置替え時、
その後6月以内毎
使







トルエン 尿中馬尿酸
  • (1) 尿中代謝物検査は複数の溶剤を使用している場合、溶剤毎に料金が加算されます。
  • (2) 肝機能検査は、AST(GOT)、ALT(GPT)、ガンマ-GTPの検査です。
  • (3) 貧血検査は、赤血球数および血色素量の検査です。
  • (4) 眼底検査は、眼底カメラ撮影です。
キシレン 尿中メチル馬尿酸
スチレン 尿中マンデル酸
テトラクロルエチレン 尿中トリクロル酢酸、
肝機能検査
トリクロルエチレン 尿中トリクロル酢酸、
肝機能検査
1・1・1-トリクロルエタン 尿中トリクロル酢酸
N・N-ジメチルホルムアミド 尿中N-メチルホルムアミド、
肝機能検査
ノルマルヘキサン 尿中2・5-ヘキサンジオン
クロルベンゼン 肝機能検査
オルトージクロルベンゼン
クロロホルム
四塩化炭素
1・4-ジオキサン
1・2-ジクロルエタン
1・2-ジクロルエチレン
1・1・2・2-テトラクロルエタン
クレゾール
エチレングリコールモノエチルエーテル 貧血検査
エチレングリコールモノエチルエーテルアセテート
エチレングリコールモノブチルエーテル
エチレングリコールモノメチルエーテル
ニ硫化炭素 眼底検査

鉛健診

健診対象業務 検査内容 健診時期等、備考
鉛等を取り扱う業務またはその蒸気、粉じんを発散する場所における業務 業務歴・自他覚症状の既往歴の調査 雇入時、配置替え時、
6月以内毎(1年毎)
  • ※作業内容により健診時期は異なります。
血中鉛の量及び尿中デルタアミノレブリン酸の量の既往の検査結果の調査
自他覚症状の有無の検査
血中鉛の量及び尿中デルタアミノレブリン酸の量の検査

特定化学物質等健診

健診対象業務 検査内容 健診時期等、備考
弗化水素、クロム酸、コールタール等を製造、または取り扱う業務(他の物質についてはお問 い合せ下さい) 業務の経歴の調査、それぞれの物質による既往歴の有無の検査、他覚症状又は自覚症状の有無の検査等 雇入時、配置替え時、
6月以内毎

石綿健診

健診対象業務 検査内容 健診時期等、備考
石綿等を製造、または取り扱う業務(従事させたことのある労働者で現に使用している者を含む) 業務の経歴の調査、石綿によるせき、たん、息切れ、胸痛等の他覚症状又は自覚症状の既往歴の有無の検査、せき、たん、息切れ、胸痛等の他覚症状又は自覚症状の有無の検査、胸部エックス線直接撮影 雇入時、配置替え時、
6月以内毎

VDT健診

健診
種別
健診対象業務 検査内容 健診時期等、備考
V
D
T
I
VDT作業(CRTディスプレイ、キーボード等によるデータ入力、検索、照会等、文書の作成、編集修正、プログラミング、CAD等を行なう作業) 業務歴の調査、既往歴及び自覚症状の有無の調査 配置前、1年以内毎
眼科学的検査、筋骨格系に関する他覚的検査
屈折検査
(オートレフラクトメータ)
V
D
T
II
VDT作業を比較的短時間行う作業及び監視業務 業務歴の調査、既往歴及び自覚症状の有無の調査 配置前、1年以内毎
眼科学的検査、筋骨格系に関する他覚的検査

振動障害健診

健診対象業務 検査内容 健診時期等、備考
振動工具取り扱い業務 業務歴及び既往歴の調査 雇入時、配置替え時、
6月以内毎
自他覚症状の有無の検査
運動機能検査、末梢循環機能検査、血圧測定
末梢神経機能検査等

その他の主な特殊健診

頸肩腕障害健診 雇入時、配置替え時、6月以内毎
高気圧健診
紫外線赤外線健診
ページのトップへ戻る