オプション検査のご案内

TOP > オプション検査のご案内 > 血液検査で追加できます!

<血液検査で追加できます!>

腫瘍マーカー

体内に腫瘍ができると特殊な物質がつくられ血液に現われることがあります。
これらは腫瘍マーカーと呼ばれ、がんの診断の補助的役割を果たすことができます。

AFP:1,500円(本体価格)
主に肝臓がんの腫瘍マーカーとして用いられています。肝炎や肝硬変、妊娠中でも測定値は上昇します。

CEA:1,500円(本体価格)
大腸や膵臓など消化器系や肺がんの腫瘍マーカーです。

CA19-9:1,500円(本体価格)
膵臓や胆のう、胆管など消化器系の腫瘍マーカーとして広く用いられています。

PSA(男性のみ):1,500円(本体価格)
年齢階級別前立腺がん罹患率(資料:独立行政法人国立がん研究センターがん対策情報センター) 腫瘍マーカーの中でも特に有用な検査で、PSA値が高いほど前立腺がんが疑われます。
その他、前立腺肥大症や、前立腺炎などでも値が高くなることがあります。
前立腺がんは、日本において近年最も増加しているがんの一つとして注目されており、50歳以上(家族歴のある方は40歳以上)の方におすすめです。


CA125(女性のみ):1,500円(本体価格)
主に卵巣がんに反応を示す腫瘍マーカーです。他の原因(子宮内膜症・子宮筋腫・妊娠中・生理中)でも高くなることがあるため、子宮がん検診・経膣超音波(エコー)検査と併用し、補助診断として有用な検査です。
※妊娠中・生理中は検査ができません

甲状腺検査(F-T3、F-T4、TSH):6,000円(本体価格)

のどぼとけの下にある甲状腺から血液中に分泌される甲状腺ホルモン(F-T3、F-T4)と、それを調整するために脳下垂体から分泌される甲状腺刺激ホルモン(TSH)を検査します。
甲状腺ホルモンは全身のエネルギー代謝と深くかかわっており、バセドウ病、橋本病、甲状腺腫瘍などの病気がないかを調べます。

心臓検査(BNP):2,000円(本体価格)

心臓に負担がかかると心室から血液中に分泌されるホルモンの一種で、高値の場合、心不全が疑われます。心電図では異常があらわれにくい軽度の心機能低下を発見するのにも有用です。

胃・十二指腸検査

※胃エックス線検査とセットでの受診をおすすめします

血液検査でわかる胃・十二指腸潰瘍や胃がんになりやすいか否かを調べる検査です。
・胃がんの有無などを直接調べる検査ではありません

ヘリコバクターピロリ菌検査:1,500円(本体価格)
胃粘膜に住みつく細菌を調べています。中高年では高率に感染しており、長期間の感染により萎縮性胃炎を引き起こし、胃がん発症とも関連していると言われています。
・精密検査の方は、ピロリ菌感染が疑われますので消化器科でご相談ください
・ピロリ菌を除菌された方の除菌後の判定は主治医にご相談ください

ペプシノゲン検査:2,000円(本体価格)
胃粘膜の萎縮を調べる検査です。萎縮が進むと胃がんの発症と密接な関係があると言われています。胃エックス検査に加えて、胃粘膜の萎縮の程度を知ることで、胃がんをより効果的に発見することができます。
・精密検査の方は胃内視鏡検査(胃カメラ検査)を受けてください

※料金は本体価格表示の為、別途消費税がかかります

前のページへ戻る
ページのトップへ戻る