オプション検査のご案内

TOP > オプション検査のご案内 > 女性にオススメ!レディース検診

<女性にオススメ!レディース検診>

乳がん検診

医師による視触診と下記の乳腺超音波検査またはマンモグラフィ検査をセットで行うことにより早期乳がんの発見を容易にします。

乳腺超音波(エコー)検査:5,000円(本体価格)
乳房に超音波を当て、良性・悪性の腫瘍やのう胞(液体の入った袋状のもの)などを発見します。
マンモグラフィでは異常を見つけにくい、乳腺が発達した若い方におすすめです。

マンモグラフィ(エックス線)検査:1方向…5,000円 2方向…6,500円(各本体価格)
乳房を2枚の板で挟んで撮影します。触れることのできない程の小さなしこりでも、石灰化(壊死した細胞や乳管からの分泌物などにカルシウムが沈着したもの)をうつし出すことで、早期に発見できます。
※妊娠中(その可能性がある方)や授乳中は検査ができません

子宮がん検診:3,000円(本体価格)

医師による問診・内診と子宮の頚部(入り口)の粘膜を専用ブラシで採取し、顕微鏡で細胞を調べる検査です。特に20歳代からの受診が望ましいです。

※下記の検査を追加することをおすすめします

HPV(ヒトパピローマウイルス)検査:4,500円(本体価格)
HPV感染とがん細胞への変化子宮の入り口の細胞を採取し、子宮頸がんの原因となるHPV感染の有無を調べる検査です。
子宮頸がんのおよそ98%は、HPVというウィルスが原因で、子宮がん検診に追加することで病変をほぼ100%発見できます。


経膣超音波(エコー)検査:3,000円(本体価格)
細い超音波器具を膣内に挿入して検査をします。内診よりも詳細に子宮や卵巣の形状や小さな変化を見ることができ、子宮がん・卵巣がん・子宮筋腫・卵巣のう腫・子宮内膜ポリープ・子宮腺筋症などを調べます。

※子宮がん検診の全ての項目を実施の場合9,000円(全て本体価格)

※料金は本体価格表示の為、別途消費税がかかります

前のページへ戻る
ページのトップへ戻る